無職は苦しい、どうやって生活すればよいのか|ストレスの解消法

無職は苦しい、どうやって生活すればよいのか|ストレスの解消法

無職は精神的に苦しい、どうやって生活すればよい

無職になって苦しいとき、どうやって生活すれば
良いのかいくつか方法があります。

1つ目は、身を任せることです。

どんな事情であれ、無職という肩書は人の心を
ダメにしてしまいます。

世間や家族の目を気にするあまり、やがてうつ病になります。
この焦りこそが、最大の敵です。
苦しいときこそ、自分の心に正直になる必要があります。

遊びたいなら遊べばいい、休みたいなら休んでしまう
そんな生活をしたって構わないです。
大切なのは、甘えを認めることです。

人は誰しも、苦しいときは逃げたくなります。
羽を伸ばした後、どうやって自分を改善していくか
考えても遅くはないです。

2つ目は、ボランティアに参加することです。
無職生活は、どうやっても無気力が続きます。
それは、誰かと関わることを止めてしまったからです。

働いていたころは、誰かの役に立ってお金を稼いで
生きるという使命があります。

けれど、その使命がなくなれば自分の存在価値を見失います。
そんな人は、今すぐボランティアに参加するべきです。
んな形であれ、人のためにできることはいくらでもあります。

あなたのその行動が、あなた自身を役立てます。

無職は社会に役立たない、そんな風に思えば
自分を否定するのと同じです。

苦しいときこそ、もう一度自分と向き合うチャンスになります。

無職の人のストレス解消法でおすすめの方法

無職の人は、仕事をしていないのでストレスが溜まりにくい一面がありますが、家族と一緒に住んでいる人は、家族からのプレッシャーからストレスが溜まってしまうことがあります。
また、無職の人は世間から厳しい目で見られることもあり、必ずしも働いていないからといってストレスフリーというわけでもありません。

無職の人のストレス解消法でおすすめなのは、運動、カラオケ、音楽鑑賞、食事などです。
運動は、解消法としてよくあげられていますが、驚くべき効果があります。
運動をして身体をつくるためには知識が必要になりますが、ストレスを解消するという目的ならば、細かいことは気にせず、思いっきり全力疾走してみたり、自分の好きなように身体を動かしてみましょう。
余裕があったらインターネットなどで筋力トレーニングに関する知識を増やしておくことは、おすすめできます。

カラオケは、安い料金でできる解消法としてよくおすすめされています。
思いっきり大声を出すことは、とても気持ちのよいことです。

他には、好きな音楽を聴いたり、おいしい食事をしたり、とにかく好きなこと、楽しいと思えることをするというのが、一番良い解消法になります。
ただし、好きなことばかりをしていて、堕落した生活になってしまわないように注意をしましょう。

貯金なしで無職の一人暮らしの賃貸マンションの家賃

一人暮らしなのに、貯金なしで無職になり賃貸マンションに住んでいるがこれから先どうやって家賃を支払っていこうか?と悩んでいる方に嬉しい情報があります。

それは、ハローワークや地方自治体が行っている家賃補助制度です。

これは、求職者が無職中安定して、次の仕事を探せるよう、国が支援している制度です。
特に一人暮らしで無職になると、賃貸マンションの家賃が払えなくなり、住むところを失う可能性が出てきます。

住むところがなくなってしまうと、ネットカフェ難民になってしまったり、最悪ホームレスになってしまう可能性があります。
そうなると、履歴書に住所を書くことができないため、次の仕事もなかなか決まらない、ということが往々にしてあります。

そうならない為にも、国が住むところをきちんと支援してくれる制度です。

この支援を受けるためにはある一定条件があります。

まずは、ハローワークに求職者登録をしていること、それから、貯金なしであることなどが挙げられます。
世帯は一人暮らしであるという制約ではなく、世帯収入で見られます。
貯金なしかどうかは銀行の通帳の提出で確認されます。

この制度で承認が降りると、国から賃貸会社に直接家賃の何割かが補填されるようになります。
つまり給付者に直接支給されるわけではありません。

無職でも借金はできる?返済の方法?

現在、仕事をしていても、いつ何時無職になるという危険性は誰にでもあります。
そんな時生活費等は、どのように工面すればいいのでしょうか?無職でも借金できるか?またその場合の返済の方法についても考えてみます。

無職でも借金できる?
真っ先に頭に浮かぶのは消費者金融ですが、無職の場合はほぼ借金は無理です。
消費者金融も、返すあてのない人には、お金を貸すことはできません。

専業主婦は借り入れOKというCMもよく見ますが、これは配偶者の収入がある事が前提で借りる事ができるだけです。
もっとも無職の人が借金をして、返済する方法すらないのですから、消費者金融からの借り入れは考えないでおきましょう。

万一融資をしてくれる会社があっても、いわゆるヤミ金融のケースが多いですから、結果借金がどんどん膨れ上がって、返済の目処がたたないという末路が控えています。

唯一借りれる所とは?返済の方法は?
それは、町の役所です。

役所にいけば「生活福祉資金制度」というものがあって、本当に生活が困窮した場合に相談できる窓口があります。
失業しているのであれば、その証明も必要ですが、年利1.5%程度の低利で、10万円程度から融資をしてくれます。

本当に困ったらまずは役所に相談してみましょう。
返済方法についてもアドバイスしてくれるはずです。

無職の時の就職活動支援にはどんな物がある

無職の方が就職先を探している場合には、さまざまな活動支援が行われています。
例えば、多くの求人サイトで未経験や無職の方に対する就職先が提供されています。

また、ハローワークなどの地域の職業安定所などを利用することでも就職活動を行うことができます。
まずは支援を受けることで資格などを取得したいと考える人に向いているのが、国から支援を受けることができる公共職業訓練や求職者支援訓練の制度を利用することが適しています。

公共職業訓練は雇用保険の受給資格がある方なら制度を利用することができます。
求職者支援訓練は、無職の人でも雇用保険の受給資格が切れた方でも利用できる点が大きなメリットです。

この制度の良いところは、求職活動を行う前に学校に通うことで就職に有利な資格を取ることができる点です。
もちろん仕事のない方に対する制度ですので、給付金をもらいながら学校に通うことができます。

入学や授業料なども無料で利用することができます。
資格を取ることで自分の就きたい仕事を探しやすくなりますし、給付金をもらうことで生活の質も安定してきます。

仕事がない人はこのような制度を活用して、上手く就職活動を行って行くことが大切です。

関連するサイト

無職の人は、そのほとんどの方が借金苦という状態に近いです。
ですから、無職の状態で借金苦で困っている人はかなり多いんです。

さらに、特に困るのは、母子家庭で借金苦になってしまうような場合です。
母子家庭で借金苦になってしまうような場合には、以下のサイトがかなり参考になります。

関連するサイト:母子家庭で借金した場合に知っていると良いサイト

母子家庭で収入が少なく、消費者金融などで借金をしてしまうと、返済がなかなか大変になることがあります。
もしそんな状況が続いて借金苦になってしまったらどうすればいいのでしょうか?
解決方法としては、借金苦について詳細情報をたくさん掲載しているウェブサイトを訪ねてみるということです。
そうすることで、どんな方法で今の状況から良い方向に変えることができるかわかります。